メタストンWの成分を調査したら痩せる理由がわかった!

脂肪減少効果で話題のメタストンWですが、どうして痩せる効果があるのでしょうか。
その痩せる仕組みはいったい何なのか気になりますよね。

そこでメタストンWが痩せるのはどうしてなのかを調査しました。

葛の花由来イソフラボン配合

メタストンWがなぜ痩せることができるサプリメントなのか?を考えたとき、その成分が大きく関係しているのではないかなと思い、その成分について調べてみました。

主な成分は、葛の花由来イソフラボンというちょっと聞きなれないものでした。
葛の花由来イソフラボン配合とメタストンWの公式サイトに書いてありますが、その葛の花由来イソフラボンが実はお腹の脂肪を減らす効果がある成分だったんです。

公式サイトに書いてある嬉しい効果を紹介すると、「葛の花由来イソフラボンには、BMI25~30の肥満気味な方に対して「お腹の脂肪を減らす」のを助ける昨日があることが報告されています」とあります。

また、皮下脂肪にも内臓脂肪にもWで効果があるとも報告されていますね。

機能性表示食品

メタストンWは機能性表示食品です。ではこの機能性表示食品っていったいどういう意味なんでしょうか。

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。機能性表示食品はトクホ(特定保健用食品)と異なり消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

公式サイトには書かれています。

科学的根拠に基づいた機能性ってありますが、これって効果が科学的なお墨付きを得ているということ。
痩せる効果が裏付けされているようなものですね。

葛について調べてみました

ではとってもありがたい葛の花由来イソフラボンの元の葛っていったいどんなものなんでしょうか。

葛は日本から中国・東南アジアに分布するマメ科の植物で、に当たりの良い野山に生息しています。花は秋の七草としても親しまれていますが、根の部分がいろいろな用途で用いられ、近年花の部分に葛の花特有のイソフラボンが多く含まれていることが判明、そしてこの「葛の花イソフラボン」には基礎代謝を高めて脂肪の分解と燃焼を促進するとともに、肝臓に運ばれた糖や脂が中性脂肪になるのを抑制する機能があることが報告されました。

と、これも公式サイトにあります。

脂肪の分解と燃焼ってだけでもうれしいですが、さらに中性脂肪まで抑制してくれるなんて、もう痩せない理由がありませんって感じですね。

まとめ

メタストンWにはお腹周りの脂肪を減らしてくれる葛の花由来のイソフラボンが配合されいます。

その効果は皮下脂肪も内臓脂肪も減少させることができる成分でできています。

そして、機能性表示食品というなんだか痩せることが科学的に実証されているようなサプリメントです。